とらぬたぬきの皮算用

中小企業診断士を目指しています。

養成課程の面接問答集を作っています

風邪がなかなかしつこいので、鼻水と鼻血を出しながら、ごろごろしながら、面接対策をしています。

 

単願なのに、志望動機がなんだか弱いなー、なんでかなー、と考えておりました。養成課程がたくさん選べる東京でも、保育園児と出張だらけの夫がいるので夜遅い授業は取れない、泊まりの実習も難しい、となると、行けるところはひとつしかなく、したがって単願なのです。

でも、それだけだと、バイトの面接で志望理由を聞かれて、「近いからです」と答えるような浅さ。

ホームページを読んで、いろいろ良いところを並べてみても、なんかありきたりというか、「ホームページ読み上げてますね!」みたいな感じになってしまう。

指導教員の先生も、「分野からすると、この先生がいいかなー」と狙っている先生はいらっしゃるけど、「この内容なら他のところでもできるでしょ?」と言われると、むむむ……!となってしまう。

 

志望校のホームページは穴が開くほど読んだのですが、他の養成課程が何をやっているのかが頭に入っていないというのが、納得感に欠ける理由のひとつだなーと思いました。他の養成課程が売りにしているものを確認して、それから志望理由を練り直そうと思います。

ちゃんと腹落ちした言葉でお話したいものです。

子どもの看病1週間

で、この1週間、子どもと何をしていたかを書いてみます。

 

①ブリオの汽車のおもちゃ

木のレールがプラレールよりかわいい!散らかっていてもイライラしない気がする!という理由で買った汽車のおもちゃ、案外子どもが気に入って、毎日遊んでいます。乗り物好きなんですよね。

ただし、子どもにはレールを組んで輪にするのが難しいようで、「ままやって!」「あたちがやる!」という混乱した指示を受けながら、破壊されながら、レールを組みます。

 

②戦いごっこ

すみっコぐらしのとかげのぬいぐるみを「かいじゅう」、11ぴきのねこのねこのぬいぐるみを「ウルトラマン」に見立てて戦うのですが、ヒートアップしてくると私を攻撃してきてめちゃくちゃ痛いので途中でやめさせました。

 

どうぶつしょうぎ

これはすぐに飽きました。まだ難しかったみたい。勝負を仕掛けても、「いや」と言われます。

 

④つみき

「あたちのおうちをつくる!」と言って、自分の周りにつみきを並べて喜んでいました。二次元でも自分の場所があると嬉しいよね。

 

⑤ジャングルジムをおうちにする

家に小さいジャングルジムがあるのですが、これにタオルケットをかけて屋根のようにして、子どもが中に潜り込みます。子どもが中に入ったら、「とんとん、子どもちゃんいますかー?」と訪ねていかないと、とても怒られます。

 

⑥すごろく

サイコロを買ったので、すごろくがはかどります。さりげなく子どもを先攻にするので、子どもが勝つ確率が高いわけですが、いつも勝つとは限りません。子どもが勝つともう1回!となり、子どもが負けるとめちゃくちゃ機嫌が悪くなります。

 

アイロンビーズ

対象年齢5歳以上のものを3歳に与えているので、無理があるかなーと思いきや、結構ちゃんと型にビーズを入れています。ただし、「固めよう?」と言うと頑なに「いや!」と言います。なんでや……。

 

⑧デュプロ

レゴの大きいサイズのブロックです。家を作って何やらごっこ遊びをしています。ひとり遊びしているから、と家事をやりに行こうとすると、怒られます。しかし、私がそこに留まっても、特にごっこ遊びに参加するチャンスは与えられません。ひたすら見ているだけです。

 

⑨アマプラでプリキュアの過去作を見る

結局、この時間がいちばん長かったです! アマプラ最強! プリキュア最強!

 

すっかり元気になった子どもに「明日は保育園行こうね!」と言うと「ちんどーい!おうちにいるー!」と言っています。そんなにおうち好きなの……? 保育園行ってくれ……。

会社を退職しました

最終出勤日は1月でした。7年在籍した会社を退職しました。

退職した理由はいろいろあるのですが、「会社に週5日行くよりもやりたいことがたくさんあったから」という理由に収束します。

会社が週4日だったり、リモートワークができたり、長期休暇があったりすれば、またちょっと違ったかもしれません。この会社でこの働き方でマミートラックに乗り続ける根性が足りませんでしたし、その先にある価値を信じられませんでした。それよりも、自分で小さな仕事をいろいろ試したいなぁ、それにはどうやっても時間が足りないなぁ、よし、会社を辞めよう、という思考。

これからのことははっきりと決まっているわけではなく。養成課程受験は全力でやりますし、受かったらこれをやる、卒業したらこれをやると考えていることはありますが、全部が見えているわけではないです。

考えたくはないですが、これも落ちたら、やってみたかったことを少しずつやります。パートを見つけて並行してやるかもしれませんが、少しずつ。いっぺんにいくつもの意思決定をするのは大変すぎて、ひとつずつやります。

 

会社で退職の挨拶まわりをすると、かなりびっくりされてびっくりしました。

育休復帰後の2年半、ずっとキャパオーバーで、ずっとSOSを出しながら(文句を言いながら)やっていたつもりですが、伝わってはいなかったんだなぁ。力不足以外の何でもないですし、そんなものかもしれません。

最終日に色紙をもらって泣いちゃいましたし、周りの人には恵まれていた(特に、うちのチームのメンバーは稀有)と思います。

じゃあ戻りたいかというと、もう良いかなぁと思います。最終出勤日以来、ずっと子どもの看病で、会社に行かなくて良い平日を満喫できておりませんが、でも、子どもの体調不良に焦らず対応できるのは、本当にありがたいことですね。

ごきげんな患者

中小企業診断士の養成課程の出願書類を提出したので、受験票が届くのをどきどき待ちつつ(受験票、メールで来るんですって! すごーい!!)、面接対策をしつつ、このブログも再開します。引き続き、役立つお話や儲かるお話はちっとも書きませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

この1週間、子どもはインフルエンザA型で保育園をお休みしておりました。あっという間に熱は下がり、今は少し咳と鼻水が出ますが、まあまあ元気です。

小児科で処方されたのが、解熱剤と、咳止め・鼻水止めの混合薬、そして、タミフル。え、タミフル??(正確に言うと、処方されたのはタミフルジェネリック

タミフルって、飲むと飛び降りちゃったりして、危ないお薬じゃなかったっけ? 3歳に出すの??

気になるなら小児科か薬局で聞けば良かったのになんとなく聞けませんでした。帰宅後ちょっと調べてみると、タミフルは異常行動の副作用が疑われた後、何年も検証されて、また子どもにも使われるようになったらしいです。(素人の調べ物なので、話半分に読んでください。)そうなのかー。

薬局では、「このお薬は5日分、飲み切ってください、苦いのでヨーグルトとかアイスとかジュースに混ぜて頑張ってください。」と言われました。

それは大丈夫、うちの子どもはお薬大好きなので、いつもは買わない味のジュースやヨーグルトと一緒に堪能していました。ジュースが飲みたくて、「おくつり、のむー!」としょっちゅう叫んでいます。

 

薬を飲ませていて、2日目。気になったのは、子どもがずいぶん上機嫌なこと。

ほろ酔いの酔っ払いのような陽気さ。調子は万全ではないはずなのに、歌ったり踊ったりしているのです。うーん、熱に浮かされているのか、薬のせいなのか……。機嫌が良いので扱いやすくて助かったのですが、陽気すぎてなんとなく心配です。理屈じゃなく、感情として、心配。

理系出身の夫にその話をしたら、

「薬はきちんと手続きを踏んで検証されているはず。俺は研究者の良心を信じるよ。」

ほほう、そういうものか。それはそうだねぇ。

 

で、時は経ち、お薬を飲ませて4日目。子どもは、もうすっかり元気で、家にいるのが退屈で、すっかり機嫌が悪くなってきました。お薬はまだ飲んでいますが、回復とともにあの酔っ払いのような陽気さはなくなってしまったのです。ということは、あれは副作用じゃなくて症状だったのですかね、きっと。

で、子どもは元気に狼藉を働いているし(通常営業)、機嫌が悪くなってきたし、私はのどと鼻の調子が明らかによろしくなく、熱も少し出てきました。これは最悪だ……。うぐぐ……。

という今現在です。がんばります。

 

※これは医療情報ではなく、素人の育児体験談として書いています。念のため。

ブログは不定期更新になります。

60日間、どうでも良いことを毎日書いておりましたが、不定期更新で書きたいときに書くように運用を変更します。

理由は、研究計画書がちっとも書き上がらないからです。頑張ります。

保育参加

子どもの保育園の保育参加に初めて行ってきました。これまではコロナ禍で保育参加は中止になっていたので。

おもちゃのケーキやら、飲み物やら、クラスの子どもたちがどんどん持ってくるので、ひたすら「ぱくぱく、おいしいね!」「ごくごく、おいしいね!」とやっていると、ますます次から次へと持ってきてくれて、子どもまみれになりながら参加してきました。

うちの子どもがどうやら保育園ではちゃんとしていることが分かりました。着替えは自力でする。トイレも進んで行く。給食は野菜を残さず食べ、おかわりする。家で読むのよりずいぶん長い絵本の読み聞かせを座って静かに聞いている。

家でのていたらくはなんなんだー!と思うほどの変貌。家では「ママやってー!」「できなーい!」を連発しています。はて? 子どももウチとソトの使い分けってあるんだなーと思いました。

保育参加は他の日に他の子の保護者の方もいらっしゃるので、連絡帳によると、連日保護者の方に遊んでいただいているようです。ものすごいコミュ力と社会性。親のどちらにも似ていません。このままのびのび育っていただきたいものです。

養成課程の説明会に行ってきたよ

養成課程の説明会に行ってきました。楽しかったけど、反省点山盛りで疲れたー!

 

まず、説明会の内容以前に、有線LANで繋いでもなお、やはりネット回線がいまいち。えええー。試験本番用にモバイルルーターをレンタルします。本番でこれは絶対嫌だ……。悔やんでも悔やみきれない……。

 

説明会の内容は素晴らしくて、事前に用意していた質問リストの大半は質問するまでもなく消化されてしまいました。

素晴らしい学校だけれども、私には分不相応では……? 途方もない挑戦だったのでは……? そこまでの研究が自分にできるのか……? 不安しかない……。

 

できるかどうかは今考えていてもしょうがなく、今できる準備をするだけなのですが。頑張ります。